問診票ダウンロード 問診票ダウンロード
デフォルト画像

8月の診察日変更

8月20日は休診予定でしたが通常診療いたします

デフォルト画像

7月の診療時間変更

7月28日と7月29日は、共に11:30am受付終了で、診療終了は12:00pmとさせていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

デフォルト画像

夏季休暇のお知らせ

8月13日から15日は夏季休暇として休診いたします。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます

デフォルト画像

令和2年度子宮がん検診について

令和2年度子宮がん検診(仙台市民健診・職場健診など)は7月中旬から始まります

当クリニックは予約不要となっております

ご来院の際は、下記を忘れずにご持参いただきますようお願い申し上げます

①受診券

②保険証

デフォルト画像

今後の新型コロナウイルス感染の予防対策について

新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の全面解除が発表されました。しかし、未だ全てが解決したわけではなく、国内の新規感染者は依然として毎日のように認められています。感染予防と拡大を防ぐためには、マスク着用や手洗いといった基本的対策と「3密」回避などを、引き続き地道に実践していくしかありません。

当クリニックでは、今後子宮がん検診も受付開始となり、待合室の混雑が予想されます。ご来院の皆様には、当面の間これまで通りマスク着用およびご本人様のみのご来院(診察希望が未成年の方・ご高齢の方等の場合は除く)および受付でのアルコール手指消毒と体温計測をお願いさせていただきます。

ご理解とご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます

デフォルト画像

診療時間変更のお知らせ

院長が宮城県産婦人科医会会議出席のため下記日程で診療時間が変更となります

6月10日(水)受付終了時間17:30 診療終了時間18:00

皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます

デフォルト画像

新型コロナウイルス感染症対策としての不妊治療の在り方~第2報~

新型コロナウイルス感染症対策に関する日本生殖医学会からの通知 (2020 年 5 月 18 日付)がありました。感染防御と感染拡大防止の対策を可能な限り施行し、地域の感染状況等を配慮した上で、不妊治療再開を考慮するようにとの提言です。

当クリニックでは、不妊治療を受けられる皆様には、引き続き新型コロナウイルスへの感染防御と感染拡大の防止に十分配慮した生活(妊娠成立した場合は特に気をつけてください)を心掛けていただきながら、通常通りの診療(薬物療法・タイミング指導・人工授精)を再開いたしますことをお知らせいたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。

デフォルト画像

5月7日診療いたします

5月7日木曜日は休診日の予定ですが、連休明けですので通常診療を行います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

デフォルト画像

新型コロナ感染拡大における診療対策

ご来院いただく皆様に以下の点についてご留意いただき、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます

 

  • ご来院いただいた方(ご同伴の方も同様)を対象に、窓口で体温計測をさせていただいております。体温が37.5℃以上の方および咳をしている方には、受診を控えていただいております。ご同伴はできるだけお避け頂き、ご本人様のみのご来院でお願いいたします
  • 保健所等から<濃厚接触者>として自宅待機を命じられている方や感染者と接触した可能性のある方は、症状がなくても受診をお控えください。
  • 宮城県内に里帰り中の妊婦さんや転居してきた方、あるいは感染からの避難目的で宮城県へこれらた方(特に緊急事態宣言対象地域や感染拡大警戒地域から来られた方)が受診なさる場合は、県内に来られてから2週間以上の健康観察を行い、感染症状がないことを確認してからの受診をお願いいたします。
  • 外出に伴う感染リスクを下げるため、経過良好な妊婦さんの妊婦健診は、受診間隔を延長して行います
  • 来院/帰院の際には、備え付けの消毒用アルコールで手指を消毒してください
  • 受診の際には、混雑した公共交通機関を可能な限り利用しないでください
  • 受診の際には、必ずマスクを着用してください
  • 不要不急の外出は避けてください
  • 下記症状のある方は、

 ①風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている

  (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

  (妊婦・高齢者・合併症のある患者さんなどのハイリスク患者では 2 日以上)

 ②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 ③嗅覚・味覚障害が続く

 

医療機関を受診する前に以下にご相談ください。

 

     仙台市・宮城県の電話相談窓口 : 022-211-3883

 

「帰国者・接触者相談センター」を通じて医療機関を受診していただきます

 

 

令和2年4月10日  ゆうき婦人科産科クリニック

デフォルト画像

新型コロナウイルス感染症対策としての不妊治療の在り方

4月1日付で日本生殖医学会から下記声明が出されました

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

不妊治療による妊娠が成立した後の新型コロナウイルス感染への対応に苦慮することが予想されます。

 

①妊婦さんが感染した場合、重症化する可能性が指摘された

②ワクチンも治療法も確立されていない、(現在検討中の治療薬は妊婦さんには使えない)

③母体から胎児への影響がわかっていない

 

このような背景から、国内での新型コロナウイルス感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示していただくよう推奨いたします

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

この声明を受けて当クリニックでも、タイミング法や人工授精などの不妊治療を、当面の間お休みすることを推奨させていただきます。

但し、妊婦さんが感染した場合の上記リスクを十分理解したうえで、不妊治療を希望される方には、これまで通り治療をすすめてまいります。

ご夫婦でよくご相談の上、今後の方針を決めていただきたいと思います。

 

なお今後の状況によっては、変更の可能性がありますことをご了承ください。

 

 

令和2年4月4日  ゆうき婦人科産科クリニック