問診票ダウンロード 問診票ダウンロード

新型コロナウイルス感染症対策としての不妊治療の在り方

4月1日付で日本生殖医学会から下記声明が出されました

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

不妊治療による妊娠が成立した後の新型コロナウイルス感染への対応に苦慮することが予想されます。

 

①妊婦さんが感染した場合、重症化する可能性が指摘された

②ワクチンも治療法も確立されていない、(現在検討中の治療薬は妊婦さんには使えない)

③母体から胎児への影響がわかっていない

 

このような背景から、国内での新型コロナウイルス感染の急速な拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、不妊治療の延期を選択肢として患者さんに提示していただくよう推奨いたします

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

この声明を受けて当クリニックでも、タイミング法や人工授精などの不妊治療を、当面の間お休みすることを推奨させていただきます。

但し、妊婦さんが感染した場合の上記リスクを十分理解したうえで、不妊治療を希望される方には、これまで通り治療をすすめてまいります。

ご夫婦でよくご相談の上、今後の方針を決めていただきたいと思います。

 

なお今後の状況によっては、変更の可能性がありますことをご了承ください。

 

 

令和2年4月4日  ゆうき婦人科産科クリニック

前の記事 - 次の記事 -